2010年02月05日

ワーホリ中してはいけないアルバイト

ワーホリ中してはいけないアルバイト


韓国ワーキングホリデーVISAでは、

可能なアルバイトと不可能なアルバイトとがありますので注意が必要です。


してはいけない仕事

ホスト/ホステスなどの接待業

ダンサー、歌手、ミュージシャン又はアクロバット

・一定の資格を要する専門職種(医者、弁護士、教授、パイロット等)

・取材、宗教、研究又は技術指導

・会話指導講師(ワーキングホリデー制度で韓国に滞在中に会話指導を希望する場合、

 ワーキングホリデービザ(H-1)を会話指導ビザ(E-2)に変更しなければなりません)


韓国語ができなくてもできるアルバイトは、日本料理店や日本語教師くらいです。

日本語講師のアルバイトをするにはビザをE−2にする必要があるとしていますが、

実際はそのままのケースが多いようです。

また、日本語を教えている語学学校の求人募集などでも、「ワーキングホリデービザを持っている方」

という条件があるくらいです。ただ、規則違反なのでご自分の責任下でお願いします。

こちらのサイトでいろいろな日本語講師の求人が探せます。

     http://nihongokyoushi30.seesaa.net/


韓国への国際電話は

[オススメ!!] 日本からかける国際電話が本当に安くなります!

他社比最大95%OFF 格安国際電話VIVAPLUS

無料通話プレゼント実施中!





チケットはもう買いましたか?料金をチェックしてみましょう。


posted by ソウルでバイト at 00:00| アルバイトの可否 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。