2010年02月11日

タクシーの乗り方 ソウル

韓国 ソウルでのタクシーの乗り方


ソウル市内の移動手段として、バス、地下鉄、タクシーとありますが、

ここではタクシーをご紹介します。


韓国のタクシーの乗り方

タクシーを停めるときは日本と同じように手を上げればとまってくれます。

ただ、夜間などは乗車拒否してくる運転手もいるのでびっくりしないでください。


夜間などは、タクシー運転手が車の窓をあけ、どこまで行くのか聞いてくることが

よくあります。 距離が長くて稼げそうなお客さんや、運転手さんの家に帰る方向だったり

すると乗せてくれます。

がんばって窓に向かって目的地を叫んでください。


韓国人は一人で乗るとき助手席に乗ったりする人が多いですが、落ち着かないので後ろに

乗りましょう。 たまに相乗りのお客さんを乗せたりしますが、それでも料金はかわりません。


タクシー料金 一般タクシー

初乗り2400ウォン 2キロまで

その後144メートルごとに100ウォン追加。

渋滞時など、時速が遅い場合は35秒で100ウォン追加。


深夜料金は20%UPです。 深夜0時から4時まで

チップは必要ありませんが、小銭分くらいはあげてもOKです。



タクシー料金 模範タクシー 黒塗りなのですぐわかります

初乗り4500ウォン 3キロまで

164メートルごとに200ウォン追加

スピードが遅い場合、39秒後とに200ウォン追加


女性が夜一人で乗るときなどはお勧めです。

相乗りもありません。



他の都市について知りたい方は




韓国都市情報

プサン  テグ  テジョン  チェジュ  ウルサン  インチョン


韓国でホテルを直前に予約したければここがお勧めです。

ソウルのホテルを直前価格で予約【RatesToGo】




posted by ソウルでバイト at 00:00| タクシーの乗り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。