2010年02月08日

韓国へのワーキングホリデー必需品 語学関係

日本語の文法書

韓国には日本語を勉強している人が世界で一番多い国です。

そのため、日本語を勉強している人と、友達になる可能性も大です。

日本語を外国語として勉強している人の質問は、

日本語のネイティブスピーカーでも答えられないものがかなりあります。


例えば助詞の 「に」と「へ」の使い方について教えてください 

ときかれたらどう答えますか?


答えはこちらから


日本語について質問されても答えられない。

そんなときは日本人として悲しく、韓国人からしても「なんで?」です。

これは日本の本になりますので、日本で買ったほうが安いです。


お勧めはこの本です。 

初級用と中上級の2冊あります。 初級用だけでも持っておくと安心です。


    初級用          中上級用

  
 

韓国語の文法書

韓国語の文法書も日本で買っておくことをお勧めします。

韓国で買うのは、価格も高く、種類も少ないです。


語学学校では「直説法」といって、韓国語だけで韓国語を教えます。

そのため、文法上どうしてもわからない部分にぶつかります。

そんなときに韓国人の友人に、韓国語の文法の質問をしても、答えられる可能性は

とても低いです。(我々が日本語の質問をされたときと同じです)



 韓国語の文法書
   
    

posted by ソウルでバイト at 00:00| ワーホリ必需品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。